ウェルネストレーナーとは? - 健康とウェルビーイングの専門家

ウェルネス!こんにちはOurTimeです。

IT化がすすみ健康的な企業経営がもとめらている現代社会において、健康とウェルビーイングはますます重要なテーマとなっています。

忙しいライフスタイルやストレスの増加に伴い、心身の健康を保つためのサポートが必要とされている方が増加しています。

なかなか自分で健康にまつわるあれこれをするのは大変だったりしますよね。

そこで注目されるのが「ウェルネストレーナー」です。

この記事では、ウェルネストレーナーの役割や重要性、具体的な活動内容について詳しく解説していきます。

目次

ウェルネストレーナーの役割

ウェルネストレーナーは、お客さんが健康的な生活を送るための総合的なサポートを提供します。

また、ウェルネストレーナーは自分の得意な領域があり、ある人はフィットネスと睡眠に強く、ある人はマインドルフネスに強いなど、細分化されています。

その役割は多岐にわたり、例示すると以下のような活動が含まれます。

ウェルネストレーナーの役割

・フィットネス指導
・栄養アドバイス
・メンタルヘルスサポート
・ライフスタイル改善
・健康教育とコンサルティング
・睡眠改善
・マインドフルネスと瞑想

1.フィットネス指導

ウェルネストレーナーの中には、クライアントの体力レベルや目標に応じた運動プログラムを作成し、実践指導を行う方がいます。

フィットネス指導を行うのはフィットネストレーナーですが、フィットネス以外の知識も豊富な方がウェルネストレーナーです。

フィットネス指導の中には、筋力トレーニング、有酸素運動、柔軟性の向上を目的としたエクササイズなどが含まれており。適切な運動習慣を身につけることで、クライアントの身体機能の向上と健康維持をサポートします。
​ (Trainer Keiji Yami)​

2. 栄養アドバイス

バランスの取れた食事は健康維持に欠かせません。

当然でありますが、人間の体は食べたもので構成されますので、栄養の重要性はここに書くまでもないでしょう。

ウェルネストレーナーは、栄養の基本知識を持ち、クライアントに適切な食事アドバイスを提供してくれます。ここには、栄養バランスの取れた食事計画の提案や、個々の健康状態に応じた食事指導が含まれます​。
(【公式】オンラインウェルネスBRST(ブレスト))​

食事や栄養の知識がないと何を食べていいか、何を食べると身体にわるいのかわからないですからね。

そういった意味でもウェルネストレーナーの知識を活用して栄養バランスのとれた食事をできるようになっればウェルネスに近づくことができますね。

3. メンタルヘルスサポート

現代社会では、メンタルヘルスの問題も深刻化しています。

日本では特に、職場におけるストレスや過労、社会的なプレッシャーが原因で、うつ病や不安障害といったメンタルヘルスの問題が増加しています。例えば、2020年の調査では、日本の従業員の31%がバーンアウトを経験しており、これは世界平均を上回っています​。(McKinsey & Company)​。

日本人はメンタル疾患にかかりやすいのです。

ウェルネストレーナーは、ストレス管理やリラクゼーション技法を教えることで、クライアントのメンタルヘルスの向上を図ります。

また、ウェルネストレーナーは必要に応じてメンタルヘルスの専門家と連携し、包括的なサポートを提供してくれます。

4. ライフスタイル改善

ウェルネストレーナーは、健康的な生活習慣の形成を支援します。

これには、睡眠の質の向上、日常的な活動量の増加、ストレス軽減のためのテクニックの習得などが含まれます。

クライアントが持続可能なライフスタイルを築くための具体的なアドバイスを提供します。
​ (【公式】オンラインウェルネスBRST(ブレスト))​

5. 健康教育とコンサルティング

ウェルネストレーナーは、クライアントに対して健康に関する知識を提供し、自己管理能力の向上を支援します。

また、企業やコミュニティに対しても、健康経営やウェルネスプログラムのコンサルティングを行い、広範な影響を与える活動を展開しています​。

法人への健康教育やコンサルティングの需要も年々高まってきています。
(【公式】オンラインウェルネスBRST(ブレスト))​​ (プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES)​。

6. 睡眠改善

睡眠の質は健康とウェルビーイングに直結します。

さて、日本では、成人の約40%が十分な睡眠を取れていないと言われています。厚生労働省の調査によると、20歳以上の日本人の約半数が「睡眠不足」を感じていると回答しています。また、平均睡眠時間は先進国の中で最も短い部類に入ります​ (World Economic Forum)​

さらに、NHKが実施した全国調査では、30歳代から50歳代の働き盛りの世代で特に睡眠不足が顕著であり、平均睡眠時間が6時間未満の人が多くいることが報告されています。

このような状況は、仕事のストレスや長時間労働が原因とされており、健康問題や生産性の低下につながると懸念されています​。(Japan Today)​

ウェルネストレーナーは、良質な睡眠を確保するための方法を教えてくれます。これには、睡眠環境の改善、就寝前のリラクゼーション技法、適切な睡眠スケジュールの設定などが含まれます。

睡眠の質が向上することで、日中の活動効率やメンタルヘルスも改善されます。

7. マインドフルネスと瞑想

マインドフルネスと瞑想は、ストレス軽減やメンタルヘルスの向上に効果的な手法です。

マインドフルネスと瞑想は以下の効果があります。


・ストレス軽減
複数の研究によると、マインドフルネス瞑想を8週間続けることで、ストレスレベルが平均で30%減少することが報告されています​​ 。この効果は、自己報告によるストレス感だけでなく、コルチゾールなどの生理的ストレス指標の低下としても確認されています。

・メンタルヘルスの向上
マインドフルネスと瞑想は、不安やうつ症状の緩和にも効果的です。ある調査では、瞑想を定期的に行っている人のうつ症状が50%減少したことが示されています 。また、不安症状が20%改善したというデータもあります 。

・生産性と集中力の向上
マインドフルネスは、注意力の向上や生産性の向上にも寄与します。企業内でマインドフルネスプログラムを導入した結果、従業員の生産性が15%向上し、欠勤率が10%減少したことが報告されています 。

ウェルネストレーナーは、クライアントに対してマインドフルネスの基本的な技法や瞑想の方法を教え、日常生活に取り入れるためのサポートを行います。

これにより、精神的な安定感を得ることができます。

ウェルネストレーナーの需要

日本におけるウェルネストレーナーの需要は年々高まっています。

その背景には、次のような理由があります。

健康経営の普及

企業が従業員の健康を優先課題とする「健康経営」を導入する動きが広がっています。健康経営の一環として、職場でのウェルネスプログラムが導入され、ウェルネストレーナーの需要が増加しています。

健康経営は、生産性向上や組織の活性化、優秀な人材の確保につながるとされています​ (【公式】オンラインウェルネスBRST(ブレスト))​。

メンタルウェルネスの重要性

メンタルヘルスの問題が社会的に認識されるようになり、メンタルウェルネスのサポートが求められています。

ウェルネストレーナーは、メンタルヘルスの向上を図るための具体的なアプローチを提供し、クライアントの心身のバランスを整える役割を担っています。
(一般社団法人 メンタルウェルネストレーニング協会(MWT))​

オンラインコミュニティの拡大

オンラインプラットフォームの普及により、ウェルネストレーナーはオンラインでも活躍できるようになっています。

これにより、地理的な制約を超えて多くのクライアントにアプローチできるようになり、需要がさらに拡大しています​ (プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES)​。

まとめ

ウェルネストレーナーは、現代社会においてますます重要な存在となっています。フィットネス、栄養、メンタルヘルス、ライフスタイル改善といった多岐にわたる分野でクライアントをサポートし、健康とウェルビーイングを向上させる役割を担っています。

健康意識の高まりとともに、ウェルネストレーナーの需要は今後も増加し続けるでしょう。

ウェルネストレーナーとしてのキャリアに興味がある方は、専門的な知識とスキルを習得し、多くの人々の健康と幸福を支援する役割を果たしてみてはいかがでしょうか。

【先着10社/月】無料相談受付中‼︎ OurTime株式会社のウェルネスプログラム

OurTime株式会社は、企業向けにウェルネスプログラムを提供しており、フィットネスイベント、ヨガイベント、ウェルネスイベントの開催など、総合的なサポートを行っています。

ご要望

・社員の生産性ややる気を向上させたい
・社員の離職率や欠勤率を低下させたい
・社員にイキイキ健康的に働いてほしい

そんな素敵な企業さんは弊社にご相談ください。

OurTimeはフィットネスメディア発祥の企業であり、フィットネス・ウェルネス業界に数多くのコネクションを持っています。とりわけ、筋トレ関連は非常に強くなっております。

OurTimeの知見やコネクションを活かし、貴社のウェルネスレベルをさらに引き上げます。

無料相談にて貴社の相談事やサービスの詳細についてお伝えします。ぜひ下記フォームよりお申し込みいただき、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

OurTime代表取締役CEO/1992年生/愛知県名古屋市生まれ/立命館大学機械工学科卒業。大学在学中に立ち上げたフィットネスメディア『クールフィットネスジャパン』をきっかけに、2021年7月にOurTime株式会社を創業する。趣味は筋トレ、読書、ゴルフ、サウナ、猫もふもふ、朝のお散歩。

コメント

コメントする

目次