動画広告のメリット・デメリットと売上を上げるためのポイント

動画広告は現代のデジタルマーケティングにおいて欠かせない広告形式です。

視覚と聴覚の両方に訴求することで、視聴者の購買意欲などを高め、ブランドの認知度を向上させる効果があります。

この記事では、動画広告の具体的な効果や成功するためのポイントについて、エビデンスや数値的データを含めて詳しく解説します。

目次

動画広告の効果とは?

動画広告は静止画に比べて高いエンゲージメント率を誇り、視聴者の注意を引く力が強いです。

エンゲージメント率って?

視聴者が動画広告にどれだけ関わっているかを示す数字のことです。たとえば、100人が動画を見たときに、50人が「いいね」をしたり、コメントを書いたり、動画をシェアしたりすると、エンゲージメント率は50%になります。つまり、動画広告がどれだけ視聴者の心に響いたかを測るためのものです。

例えば、HubSpotの調査によると、動画広告のエンゲージメント率は平均して約45%と報告されています。

また動画広告がブランド認知度を最大で80%向上させるとされており(Forbes)、なんと視聴者の84%が動画広告を見た後に購入を検討するという結果が得られています。(Wyzowl)

上手に動画広告を活用すれば素晴らしい効果が得られるのです。

動画広告の5つのメリット

動画広告には以下のメリットがあります。

動画広告のメリット
  • 視認性の向上
  • ブランド認知度の向上
  • コンバージョン率の改善

順に解説していきます。

メリット1.視認性の向上

動画広告は静止画に比べて53%も視認性が高くなります。これにより、視聴者の目に留まりやすくなります。【参考:Nielsen】

メリット2.ブランド認知度の向上

動画広告を利用すると、ブランド認知度が最大で54%向上することが確認されています。例えば、Doveの「Real Beauty Sketches」キャンペーンは、動画広告によりブランド認知度が大幅に向上しました。

【参考:Facebook Business】

メリット3.コンバージョン率の改善

視聴者が動画を通じて製品やサービスをより理解しやすくなるため動画広告を使用することでコンバージョン率が34%増加します。【参考:Wyzowl】

コンバージョン率って?

コンバージョン率は、物やサービスを見たり聞いたりした人の中で、実際に買ったり利用したりした人の割合のことです。

たとえば、100人の友達にクッキーを見せて、そのうち10人が買ってくれたとします。この場合、コンバージョン率は、クッキーを見た人の中で、実際に買った人の割合です。100人のうち10人が買ったので、コンバージョン率は10%になります。

簡単に言うと、100人に見せて10人が買ったら、10%の人が買ったということです。これがコンバージョン率です。

動画広告のデメリット

動画広告のデメリット
  • 制作コストの高さ
  • 視聴者の離脱
  • 効果測定の難しさ

制作コストの高さ

高品質な動画制作には平均して50万円以上のコストがかかることが多いです。しかし、簡単なアニメーションやテンプレートを使用することで、コストを削減することができます。

現在は様々なアニメーションやテンプレートがありますので、動画制作のハードルそのものが下がって生きています。

視聴者の離脱

長すぎる動画は視聴者が離脱するリスクがあるため、適切な長さに調整することが必要です。動画の長さが2分を超えると視聴完了率が50%以下になります。(参考:Wistia)

このため、動画を短くし、最も重要なメッセージを最初の30秒以内に伝えることが重要です。

効果測定の難しさ

効果的な測定ツールがないと、動画広告のROIを評価するのが難しいです。Google AnalyticsやHubSpotなどのツールを使用して詳細な分析を行いましょう。

動画広告の種類一覧

次に動画広告の種類についてご説明します。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、YouTubeなどのプラットフォームで動画本編の前・途中・後に再生される動画広告のことです。
一定時間視聴すればスキップ可能な「スキッパブル広告」と、短尺の代わりにスキップ不可能な「バンパー広告」の2種類が含まれます。

ちなみにインストリーム広告はCTRが平均して1.84%と高くなります【参考:Google Ads】。インストリーム広告の効果としては、視聴者が動画を見続けるための強制力があり、ブランド認知度を高めるのに有効です。

インバナー広告

ウェブページのバナー部分に表示される動画広告(別名:ディスプレイ広告)。まとめサイトやYahoo!のトップページなど、様々な箇所に設置されているのをみかけることができます。

このインバナー広告は平均して0.1%のCTRを持ち、視覚的に目立ちやすく、特に静止画広告に比べてクリック率が高くなり傾向にあります。【参考:Smart Insights】

ネイティブ広告

ウェブページのコンテンツと一体化して表示される動画広告です。エンゲージメント率が通常のディスプレイ広告の2倍高いです【参考:Sharethrough】。

また、ネイティブ広告は、ユーザーの閲覧体験を妨げないため、広告としての受容性が高いです。

SNS動画広告

Facebook、Instagram、TwitterそしてYouTubeなどのSNSで表示される動画広告です。Facebookの動画広告は、静止画像広告に比べてエンゲージメント率が135%高い傾向にあります【参考:Facebook Business】。

また、SNS動画広告は、ターゲットオーディエンスにリーチしやすく、バイラル効果が期待できます。

バイラル効果って?


ある情報やコンテンツが短期間で急速に多くの人に広がる現象のことです。これは、人々がその情報を他の人にシェアすることで、まるでウイルスのように広がるため、「バイラル」と呼ばれます。たとえば、面白い動画や写真がSNSでシェアされ続けて、一気に多くの人に見られるようになることです。

動画広告の費用対効果を最大化する(売上を上げる)方法

次に動画広告の費用対効果を最大化する方法についてご説明します。

つまりはROIを最適化して、売上を最大限確保する方法についてです。下記は動画制作に際して最低限守りたい項目となります。

ROI(投資収益率)って?

お金を使ったときにどれだけ利益が得られたかを示すものです。例えば、100円を使って200円を稼いだ場合、ROIは「2倍」となります。これは、投資したお金に対してどれだけ得をしたかを簡単に理解するための指標です。

ターゲティングの最適化

視聴者のデモグラフィックデータや行動データを基に、最適なターゲティングを行うことで広告の効果を高めます。

Google Adsの調査によると、精度の高いターゲティングを行うことで広告のCTRが最大で40%向上します。

例えば、年齢、性別、興味関心などのターゲティングオプションを活用することが重要です。

効果的なクリエイティブの作成

視覚的に魅力的なクリエイティブを作成することで、視聴者の関心を引き付けます。

HubSpotの調査によると、視覚的に魅力的な広告はエンゲージメント率が平均で20%向上します。高品質な映像、キャッチーな音楽、クリエイティブなストーリーテリングが重要です。

効果測定と改善

定期的に広告のパフォーマンスを分析し、改善策を講じることで効果を最大化します。

A/Bテストを行うことで、広告のCTRが平均して17%向上します。異なるクリエイティブやCTAをテストし、最も効果的な要素を特定することが重要です。【参考:Optimizely】

7. 効果的な動画広告の作り方

ストーリーテリングの重要性

感情に訴えるストーリーを作成することで、視聴者の関心を引き続けることができます。Harvard Business Reviewの調査によると、感情的なストーリーを含む広告は、視聴完了率が2倍高いです。物語性を持たせることで、視聴者の心に残る広告が作れます。

強いCTAの挿入

具体的で行動を促すコールトゥアクション(CTA)を動画に組み込むことで、コンバージョン率を高めます。Unbounceの調査によると、強いCTAを含む広告は、コンバージョン率が平均して30%高いです。視聴者に対して明確な次のステップを提示することが重要です。

ユーザーの興味を引く最初の5秒

視聴者の注意を引き付けるために、最初の5秒が重要です。YouTubeの調査によると、最初の5秒で興味を引かない動画は視聴完了率が大幅に低下します。インパクトのあるビジュアルやキャッチフレーズを活用することが効果的です。

動画広告が向いている商材とは?

  1. ビジュアルに訴える製品:ファッション、ビューティー、フードなどの製品は動画広告に適しています。Shopifyの調査によると、ファッションブランドの動画広告は、静止画像広告に比### 動画広告の効果と成功するためのポイント

SNSでの動画広告の活用法

SNSプラットフォームごとに最適な動画広告の形式があります。それぞれの特性を理解し、適切なコンテンツを作成することが重要です。

Instagram

  • 短いストーリーズ動画が効果的:Instagramのストーリーズは24時間以内に消えるため、視聴者の関心を引きやすいです。ストーリーズ広告は、エンゲージメント率が8%と高く、特に若年層に人気があります【Instagram Business】。ストーリーズ広告は短くても効果的で、特に視聴者の興味を引くクリエイティブが重要です。

YouTube

  • 長めのコンテンツが効果的:YouTubeでは、視聴者が長時間視聴する傾向があります。Google Adsによると、YouTubeの動画広告はエンゲージメント率が135%高いとされています。特に、インストリーム広告は視認性が高く、視聴完了率も高いです。広告の長さは視聴者の関心を維持できる範囲で設定し、ストーリーテリングや教育的コンテンツを取り入れると効果的です。

Facebook

  • ターゲティング精度が高く、コンバージョン率が2倍:Facebookはユーザーデータを活用した高度なターゲティング機能を提供しており、これによりコンバージョン率が大幅に向上します【Facebook Business】。短い動画広告が特に効果的であり、視覚的に魅力的なクリエイティブと明確なコールトゥアクション(CTA)が重要です。動画の冒頭に強力なメッセージを含め、視聴者の関心を引き付けることが推奨されます。

インストリーム広告 vs インバナー広告

動画広告にはインストリーム広告とインバナー広告の2つの主要な形式があります。それぞれの利点と適用場面を理解することが重要です。

インストリーム広告

  • 特徴:インストリーム広告は、YouTubeやその他の動画プラットフォームで動画の再生前、再生中、または再生後に表示されます。この形式は、視聴者の関心を引きやすく、動画コンテンツとして自然に組み込まれるため、ブランド認知度を高めるのに効果的です。
  • CTR:インストリーム広告のクリック率(CTR)は1.84%と高いです【Google Ads】。この高いCTRは、視聴者が広告に対して積極的に反応していることを示しています。特に、強力なコールトゥアクションを含む広告は、さらに高いエンゲージメントを得ることができます。

インバナー広告

  • 特徴:インバナー広告は、ウェブページのバナー部分に表示される動画広告です。この形式は、ウェブページのコンテンツの一部として表示され、視覚的に目立ちやすいです。
  • CTR:インバナー広告のCTRは0.1%と比較的低いですが【Smart Insights】、これは視覚的に目立つ広告であるため、一定の視認性を確保できます。特に、視覚的に魅力的なデザインやアニメーションを使用することで、クリック率を向上させることが可能です。

選び方のポイント

  • 視認性を高めたい場合:インストリーム広告は視聴者の関心を引きやすく、視認性を高めるのに最適です。特に、ブランド認知度を向上させたい場合や、製品やサービスの詳細を視覚的に伝えたい場合に有効です。
  • ウェブページの一部として表示したい場合:インバナー広告はウェブページのデザインに溶け込み、視覚的に一貫したユーザーエクスペリエンスを提供します。特に、ウェブページのコンテンツと連携したプロモーションを行いたい場合に適しています。

11. 動画広告の測定方法

動画広告の効果を測定するためには、以下の主要な指標を追跡することが重要です。これにより、広告のパフォーマンスを評価し、必要な改善策を講じることができます。

ビュー数

  • 説明:ビュー数は動画が視聴された回数を示します。この指標は、広告のリーチを評価するために基本的なものです。特に、ビュー数が多い広告は広範な視聴者にリーチしていることを示しています。

エンゲージメント率

  • 説明:エンゲージメント率は、視聴者が動画にどれだけ関与したかを示す指標です。具体的には、視聴完了率、いいね、コメント、共有などのアクションが含まれます。エンゲージメント率が高いほど、視聴者が広告に対して積極的に反応していることを示します。
  • 平均:HubSpotによると、動画広告のエンゲージメント率は平均して45%です。これにより、視聴者の関心を維持し、ブランドへの関与を促進する効果がわかります。

コンバージョン率

  • 説明:コンバージョン率は、視聴者が広告を見た後に実際にアクションを起こした割合を示します。具体的には、購入、サインアップ、ダウンロードなどのアクションが含まれます。コンバージョン率が高いほど、広告が視聴者に対して効果的に働きかけていることを示します。

これらの指標を継続的に追跡し、分析することで、動画広告の効果を最大化し、投資対効果(ROI)を向上させるための戦略を調整することが可能です。


まとめ

動画広告は視覚と聴覚に訴求し、高いエンゲージメントとブランド認知度の向上をもたらします。SNSプラットフォームごとに最適な形式を活用し、ターゲティングとクリエイティブを工夫することで、コンバージョン率を大幅に向上させることが可能です。インストリーム広告とインバナー広告の選択は目的に応じて適切に行い、効果測定を通じて広告戦略を最適化しましょう。これにより、動画広告のROIを最大化し、ビジネスの成長を促進することができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

OurTime代表取締役CEO/1992年生/愛知県名古屋市生まれ/立命館大学機械工学科卒業。大学在学中に立ち上げたフィットネスメディア『クールフィットネスジャパン』をきっかけに、2021年7月にOurTime株式会社を創業する。趣味は筋トレ、読書、ゴルフ、サウナ、猫もふもふ、朝のお散歩。

コメント

コメントする

目次