YouTubeショート動画を最大限に活かすための5つの必須項目-これだけはやっておきたい-

YouTubeショート動画は、手軽に撮影・投稿できる点が魅力ですが、ただ投稿するだけでは効果が十分に発揮されません。

今回は、ショート動画を最大限に伸ばすために絶対にやるべき5つの設定とその具体的な方法について解説します。

目次

YouTubeショートの必須項目1:唯一の重要指標「平均再生時間」

Screenshot

通常の動画では、サムネイルのクリック率と平均再生時間が重要ですが、ショート動画においては「平均再生時間」が唯一の重要指標です。

特に、YouTubeの公式も述べているように、視聴者がショートフィールドの動画をスキップせずに視聴することが鍵となります。

なぜ平均再生時間が重要なのか?

YouTubeのアルゴリズムは、視聴者がどれだけ動画を見続けるかによって、その動画の質を判断します。

特にショート動画の場合、視聴者が短い時間で次々と動画をスキップする傾向があるため、いかにして視聴者を引きつけ続けるかが鍵となります。

視聴者が最後まで動画を視聴すると、YouTubeはその動画を「良質なコンテンツ」として認識し、より多くの視聴者に推奨する可能性が高まります。

平均再生時間を伸ばすための具体的な5つの方法

  1. 最初の数秒で引き込む
  2. コンテンツの密度を高める
  3. 視覚的な工夫をする
  4. 一貫したテーマを維持する
  5. 呼びかけや問いかけを使う

1. 最初の数秒で引き込む

最初の数秒間で視聴者の興味を引くことが非常に重要です。ここで視聴者の関心を引けなければ、すぐにスキップされてしまう可能性が高いです。面白いイントロやキャッチーなフレーズを使って視聴者の注意を引きましょう。

2. コンテンツの密度を高める

ショート動画は最大60秒という限られた時間内で情報を伝える必要があります。そのため、無駄なシーンを省き、内容をぎゅっと詰め込むことが重要です。必要な情報だけを簡潔に伝えることで、視聴者が最後まで見続けやすくなります。

3. 視覚的な工夫をする

視覚的に魅力的なエフェクトやアニメーションを使うことで、視聴者の関心を引き続けることができます。また、テキストやグラフィックをうまく活用して、視聴者が情報を理解しやすくすることも効果的です。

4. 一貫したテーマを維持する

視聴者が最後まで動画を視聴するためには、動画のストーリー性が重要です。一貫したテーマやストーリーテリングを取り入れることで、視聴者が動画の結末まで興味を持ち続けることができます。

5. 呼びかけや問いかけを使う

動画の中で視聴者に対して問いかけや呼びかけを行うことで、視聴者の関心を引き続けることができます。例えば、「次に紹介するのは…」や「あなたはどう思いますか?」といったフレーズを使うことで、視聴者が動画に引き込まれやすくなります。

平均再生時間を意識して動画を作成することで、YouTubeのアルゴリズムに評価されやすくなり、結果として視聴回数やチャンネル登録者数の増加につながります。これらのポイントを押さえ、視聴者にとって魅力的なショート動画を作成しましょう。

YouTubeショートの必須項目2|ショート動画から通常動画への誘導

Screenshot

ショート動画だけでなく、通常動画も投稿しているチャンネルでは、ショート動画から通常動画へ視聴者を誘導することが重要です。

具体的には、ショート動画のコメント欄に通常動画のリンクを貼ることが効果的です。

ショート動画だけでなく、通常動画も投稿しているチャンネルでは、ショート動画から通常動画へ視聴者を誘導することが非常に重要です。これは、チャンネル全体の視聴時間を増やし、視聴者のエンゲージメントを高めるための効果的な戦略です。

なぜショート動画から通常動画への誘導が重要なのか?

ショート動画は短時間で多くの視聴者を集めますが、通常動画は詳細な情報を提供する場です。ショート動画をきっかけに視聴者がチャンネルに興味を持ち、通常動画を視聴することで視聴時間が増加します。

YouTubeのアルゴリズムは総視聴時間を重視するため、これによりチャンネルの評価が向上します。

また、視聴者が複数の動画を視聴することでエンゲージメントが高まり、コメントや高評価が増加します。さらに、広告収益も通常動画の方が高く、収益増加が期待できます。

YouTubeショート動画から通常動画への具体的な誘導方法

  1. コメント欄にリンクを貼る
  2. 動画内で言及する
  3. カードと終了画面の活用
  4. シリーズ化する

1. コメント欄にリンクを貼る

ショート動画のコメント欄に通常動画のリンクを貼ることが効果的です。コメント欄は視聴者の目に留まりやすく、説明欄よりもアクセスしやすい場所です。以下のように、自然な形でリンクを挿入することがポイントです。

  • 例「このトピックについてもっと知りたい方は、こちらの動画もご覧ください:[リンク]」
  • 例「詳しい解説はこの動画でチェック

2. 動画内で言及する

ショート動画内で通常動画の存在を言及することも有効です。動画の最後に「この続きは通常動画でチェック!」といった形で、視聴者に次のステップを提示しましょう。

3. カードと終了画面の活用

YouTubeの「カード」機能や「終了画面」を利用して、ショート動画から通常動画へのリンクを設定することができます。カードは動画の再生中に表示されるため、視聴者の関心を引きやすく、終了画面は動画の最後に表示されるため、次に見るべき動画を自然に提案できます。

4. シリーズ化する

ショート動画と通常動画をシリーズ化して連続視聴を促す方法もあります。例えば、ショート動画でイントロダクションを行い、通常動画で詳細な解説をするなど、一貫したテーマで視聴者を引きつけることができます。

これらの方法を組み合わせることで、ショート動画から通常動画への視聴者誘導がスムーズに行え、チャンネル全体の視聴時間やエンゲージメントの向上が期待できます。

YouTubeショートの必須項目3|BGMの設定

Screenshot

ショート動画のBGMには、メジャーなBGMを使用することが推奨されます。

最近では、BGMの長さも60秒まで設定可能となりました。これにより、著作権や収益化の心配なく音楽を使用できます。

ショート動画のBGM選びは、視聴者の関心を引き、動画の魅力を高めるために非常に重要です。特に、メジャーなBGMを使用することで、視聴者に親しみやすさを感じさせ、動画のエンゲージメントを高めることができます。

なぜメジャーなBGMが推奨されるのか?

メジャーなBGMは多くの人に知られており、聞き覚えのある音楽は視聴者の興味を引きやすくなります。視聴者は知っている音楽が流れると、その動画に対して親近感を覚えやすくなり、視聴を続ける可能性が高まります。また、人気のある曲を使用することで、視聴者が動画を共有したくなる動機にもなります。

BGMの長さと著作権の心配

最近では、YouTubeショート動画に使用するBGMの長さも60秒まで設定可能となり、これにより、動画の収益化における著作権問題を気にすることなく、安心して音楽を使用できます。YouTubeが提供するオーディオライブラリや、他の著作権フリーの音楽サイトを利用することで、収益化を妨げることなく、質の高いBGMを選択できます。

BGM設定の具体的な方法

  1. 最初の数秒で引き込む
  2. コンテンツの密度を高める
  3. 視覚的な工夫をする
  4. 一貫したテーマを維持する
  5. 呼びかけや問いかけを使う

1. 動画のテーマに合ったBGMを選ぶ

動画の内容やテーマに合ったBGMを選ぶことが重要です。例えば、楽しい内容の動画には明るい曲、感動的な内容には穏やかな曲を選ぶといったように、視聴者の感情に合わせた音楽を選びましょう。

2. 音量のバランスに注意する

BGMの音量は、動画のメインの音声(ナレーションやセリフ)を邪魔しない程度に設定することが大切です。音量バランスを適切に調整することで、視聴者がメインの内容に集中しやすくなります。

3. 無料の音楽ライブラリを活用する

YouTubeが提供するオーディオライブラリや、他の無料の音楽ライブラリを活用して、著作権フリーの音楽を見つけましょう。これにより、安心してBGMを使用でき、収益化を妨げる心配がなくなります。

4. 定期的にBGMを更新する

同じBGMを繰り返し使用するのではなく、定期的に新しい曲を取り入れることで、視聴者に新鮮さを感じさせることができます。これにより、視聴者が飽きずに動画を見続ける可能性が高まります。

BGMの設定を工夫することで、ショート動画の魅力をさらに引き出し、視聴者のエンゲージメントを高めることができます。適切なBGMを選び、視聴者が楽しめる動画作りを心がけましょう。

YouTubeショートの必須項目4|ハッシュタグの活用

Screenshot

ショート動画のタイトルには「#Shorts」を含めることで、YouTubeにショート動画として認識されやすくなります。

また、他にも関連するメジャーなハッシュタグを追加することで再生回数を増やすことができます。

ショート動画のタイトルにハッシュタグを効果的に使用することで、視聴回数を増やし、より多くの視聴者にリーチすることが可能です。特に「#Shorts」を含めることで、YouTubeにショート動画として認識されやすくなり、プラットフォームの専用フィードで表示される可能性が高まります。

なぜ「#Shorts」が重要なのか?

「#Shorts」はYouTubeのアルゴリズムがショート動画を特定しやすくするためのハッシュタグです。このハッシュタグを使用することで、動画がショート動画専用のフィードやおすすめに表示されやすくなり、視聴者に見つけてもらいやすくなります。YouTubeはショート動画を積極的にプロモーションしているため、「#Shorts」を使用することは非常に効果的です。

関連するメジャーなハッシュタグの活用

「#Shorts」だけでなく、他の関連するメジャーなハッシュタグを使用することで、再生回数をさらに増やすことができます。以下に、ハッシュタグを効果的に活用する方法を紹介します。

  1. 最初の数秒で引き込む
  2. コンテンツの密度を高める
  3. 視覚的な工夫をする
  4. 一貫したテーマを維持する
  5. 呼びかけや問いかけを使う

1. トレンドハッシュタグを調査する

現在のトレンドや人気のハッシュタグを調査し、動画の内容に関連するものを選びましょう。例えば、「#Viral」「#Trending」「#FYP(For You Page)」など、広く使われているハッシュタグを追加することで、より多くの視聴者にリーチすることができます。

2. ニッチなハッシュタグを活用する

トレンドハッシュタグに加えて、動画の内容に特化したニッチなハッシュタグも使用しましょう。例えば、料理動画なら「#CookingTips」「#RecipeIdeas」、DIY動画なら「#DIYProjects」「#Crafting」など、具体的なハッシュタグを使用することで、興味を持つ視聴者に効果的にアプローチできます。

3. ハッシュタグの数に注意する

過剰に多くのハッシュタグを使用することは避けましょう。適切な数のハッシュタグを選び、関連性の高いものを厳選することが重要です。一般的には3〜5個のハッシュタグが適切とされています。

4. ハッシュタグをタイトルと説明欄に含める

ハッシュタグは動画のタイトルだけでなく、説明欄にも含めることで、検索エンジンの最適化(SEO)効果を高めることができます。これにより、関連するキーワードでの検索結果に表示されやすくなります。

5. 定期的にハッシュタグを見直す

ハッシュタグの効果は時間と共に変わるため、定期的に見直しを行い、効果的なハッシュタグを選び直すことが重要です。新しいトレンドや視聴者の関心に合わせてハッシュタグを更新しましょう。

ハッシュタグの活用は、ショート動画の視聴回数を増やし、より多くの視聴者にリーチするための重要な戦略です。適切なハッシュタグを選び、効果的に使用することで、動画の発見性とエンゲージメントを高めることができます。

YouTubeショートの必須項目5| 動画サイズの設定

Screenshot

ショート動画の比率は9:16であることが重要です。YouTubeの公式アプリを使用することで、この比率を簡単に設定することができます。

なぜ9:16の比率が重要なのか?

9:16の縦長フォーマットは、スマートフォンでの視聴に最適化されたサイズです。現在、多くの視聴者がスマートフォンを使用して動画を視聴しており、このフォーマットを採用することで、視聴者はフルスクリーンで動画を楽しむことができます。これにより、視聴者の没入感が高まり、動画の再生完了率も向上します。

動画サイズの設定方法

  1. 最初の数秒で引き込む
  2. コンテンツの密度を高める
  3. 視覚的な工夫をする
  4. 一貫したテーマを維持する
  5. 呼びかけや問いかけを使う

1. YouTubeの公式アプリを使用する

YouTubeの公式アプリを使用すると、簡単に9:16の比率で動画を撮影および編集することができます。アプリ内での撮影時に自動的にこの比率が設定されるため、特別な設定や調整が不要です。

2. 動画編集ソフトの活用

すでに撮影した動画を編集する際にも、動画編集ソフトを使用して9:16の比率に変更することができます。Adobe Premiere ProやFinal Cut Proなどの高度な編集ソフトだけでなく、無料で使えるオンラインエディターも多数あります。これらのツールを活用して、動画の比率を簡単に変更できます。

3. スマートフォンでの撮影設定

スマートフォンのカメラアプリ自体に、撮影時の比率を設定できる機能がある場合があります。事前にカメラアプリの設定を確認し、9:16の比率で撮影するように設定しておくことで、編集時の手間を省くことができます。

4. 撮影時の注意点

縦長のフォーマットで撮影する際には、被写体が中心に収まるように意識することが重要です。また、背景や周囲の要素も縦長の画面に適応するように構図を工夫しましょう。これにより、視覚的にバランスの取れた動画を作成できます。

5. プレビュー機能の活用

動画をアップロードする前に、必ずプレビュー機能を使用して最終確認を行いましょう。プレビューすることで、画面の比率が正しく設定されているか、視聴者にとって見やすいかをチェックできます。

正しい動画サイズの設定は、視聴者の体験を向上させ、動画のエンゲージメントを高めるために不可欠です。9:16の比率を採用することで、スマートフォン視聴者に最適な視聴環境を提供し、ショート動画の成功に繋げましょう。

まとめ

ショート動画を成功させるためには、平均再生時間の向上、通常動画への誘導、メジャーなBGMの設定、適切なハッシュタグの活用、そして正しい動画サイズの設定が不可欠です。

これらの設定を実践することで、あなたのショート動画のパフォーマンスは確実に向上します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【先着10社/月】無料相談受付中‼︎ OurTime株式会社のInstagram運用代行

OurTimeはウェルネス・フィットネス特化の動画/ウェブマーケティング会社で、売上につながるYouTube運営を意識したYouTube運用代行サービスを展開しています。

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • 単純な再生数や登録者獲得ではなく、自社の売上につながる運用をしたい
  • 視聴者とより近くでコミュニケーションをとりたい

このようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みくださいませ。

まずは無料WEB会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例などについてお伝えします。

この記事を書いた人

OurTime代表取締役CEO/1992年生/愛知県名古屋市生まれ/立命館大学機械工学科卒業。大学在学中に立ち上げたフィットネスメディア『クールフィットネスジャパン』をきっかけに、2021年7月にOurTime株式会社を創業する。趣味は筋トレ、読書、ゴルフ、サウナ、猫もふもふ、朝のお散歩。

コメント

コメントする

目次