【2024年最新】データで見るドローン市場の現在と未来

ウェルネス!

ウェルネス・フィットネス特化の動画/Webマーケティング会社のOurTimeです!本日は、急成長しているドローン市場について、現状と将来の展望を詳しく解説します。

ドローン技術の進歩や国内の規制の緩和により、ドローンは農業、物流、インフラ点検、エンターテイメントなど、多岐にわたる分野での利用が拡大しています。

特に自動化ソリューションや新しいサービスの導入が市場を牽引しています。また、中国やアメリカなどの主要国での技術開発と政府支援により、国際展開も加速しています。今後、ドローン市場はさらに多様化し、エンターテイメント分野などでも注目を集めるでしょう。

これからのドローン市場の動向にぜひご注目ください。

目次

ドローン市場の現状と未来

海外のドローン市場の現在と未来についてお伝えします。

海外のドローン市場の現在と未来

海外のドローン市場は急速に成長しています。2022年には市場規模が約40億ドル(約5200億円)に達し、2023年には50億ドル(約6500億円)に成長しました。

この成長は、商業および軍事用途でのドローンの需要増加が主な要因となっています。

例えば、物流や農業、インフラ点検など多岐にわたる分野でドローンが利用されています。さらに、技術の進化により、ドローンの性能が向上し、より多くの企業が導入を検討しています。

今後も市場は拡大を続け、2028年には100億ドル(約1兆3000億円)を超えると予測されています。このように、ドローン市場は世界的に大きな成長が期待されている分野です。

UAVの資料を元に弊社作成

日本のドローン市場の現在と未来

一方、日本のドローン市場はどうなっているでしょうか?

2023年には、日本のドローン市場の規模は約3854億円になりました。

これは前年より23.9%も増えています。2028年には9000億円を超えると予想されています。この急成長の理由は、世界の潮流同様にドローン技術が進化し、さまざまな分野で使われるようになったためです。

インプレス総合研究所ドローンジャーナルの資料をもとに弊社独自作成

例えば、農業や建設、物流などでドローンが活躍しています。ドローンは遠くまで飛べるようになり、もっと便利に使えるようになってきているので、これからも市場はさらに広がっていくでしょう。

ドローン市場の主な成長分野

ドローン市場にはいくつかの主要な成長分野があります。特に注目すべきは以下の3つです。

ドローンの成長分野
  1. サービス市場
  2. 機体市場
  3. 周辺サービス市場

1.サービス市場

DJIでは産業用ドローンを多く出している(これは農業用)
DJI

サービス市場は急成長しており、2022年には1587億円に達しました。

前年より38.4%の増加です。特にインフラ点検、農業、物流分野でのドローン利用が拡大しています。

インフラ点検では、ドローンを使った効率的な点検が行われ、コスト削減と安全性向上が実現されています。

農業分野では、ドローンを使った精密農業が進み、作物の健康状態のモニタリングや精密な農薬散布が可能になっています。物流分野では、ドローンによる配送が試験的に導入されており、ラストワンマイル配送の効率化が期待されています。これにより、サービス市場は今後も大きな成長が見込まれています。

2.機体市場

点検用ドローンも進化を遂げている
ELIOS

機体市場も急速に成長しており、2023年には1051億円に達しました。ドローンの機体は、点検や測量、農業、物流など多様な産業分野で使用されています。

例えば、建設現場ではドローンを使った空撮により、進捗状況の把握や品質管理が効率的に行われています。

農業では、ドローンを用いた農薬散布や種まきが行われ、作業の効率化と生産性の向上が図られています。さらに、ドローンポートの普及により、充電やデータアップロードが自動化され、機体市場のさらなる成長が期待されています。

このように、機体市場は多岐にわたる産業での活用により、今後も成長を続けるでしょう。

3.周辺サービス市場

最近多く見かけるようになったドローンスクール
JUADA

周辺サービス市場も重要な成長分野です。ドローン操縦者の技能証明制度の開始に伴い、ドローンスクール事業が活発化しています。

年度規制の内容変更の詳細
2022改正航空法の施行ドローンの機体登録制度が導入され、登録番号の表示が義務化。また、特定飛行(夜間、目視外飛行など)には認定機体と操縦者の資格が必要に。
2023人口密集地域でのドローン飛行のさらなる規制強化人口密集地域でのドローン飛行における追加の安全対策(例えば、第三者への通知義務や安全確認手順)が求められるようになる。
2024無人航空機の資格制度の導入(予定)特定の飛行に関しては操縦者資格の取得が必要となる予定。これには特定の訓練プログラムの受講と試験の合格が含まれる。
TOPIC

2022年以降、日本においてドローンの特定飛行に関する操縦者資格は国家資格となりました。これにより、夜間飛行や目視外飛行などの特定の飛行を行うためには、国家が認定する資格の取得が必要です。資格取得には、指定された訓練プログラムの受講と試験の合格が求められます。

これにより、多くの人々がドローンの操縦技術を習得し、資格を取得しています。また、バッテリーやメンテナンス、保険などの需要も増加しており、これらのサービスを提供する企業が増えています。

例えば、ドローン用の高性能バッテリーの開発や、メンテナンスサービスの提供が進んでいます。保険分野でも、ドローンの利用リスクをカバーする専用保険が提供され、利用者の安心感が高まっています。

このように、周辺サービス市場は、ドローンの普及と共に拡大しています。

ドローン市場の3つの成長要因

ドローン市場の成長要因はこちらです

ドローンの成長分野
  1. 技術の進歩
  2. 規制の緩和
  3. 需要の増加

それではみていきましょう。

1.技術の進歩

水中ドローンなどもある
QYSEA

ドローン技術の進歩が市場の成長を支えています。より安定した飛行や長時間の飛行が可能となり、新しい機能が追加されています。

これにより、ドローンの利用範囲が広がっています。

例えば、農業では作物の状態を精密にモニタリングできるようになり、物流分野では効率的な配送が可能となっています。技術の進化により、ドローンはますます多くの分野で重要なツールとなっています。ドローンの性能向上と新機能の導入により、市場は今後も拡大し続けるでしょう。

2.規制の緩和

レベル飛行の種類資格が必要な理由
レベル1目視内飛行資格不要。操縦者が直接目で見ながら操作するため、基本的な操縦スキルで対応可能。
レベル2目視内夜間飛行資格不要。ただし、夜間の安全対策が必要で、基本的な夜間飛行技術を学ぶことが推奨される。
レベル3目視外飛行資格必要。操縦者が直接目で見ない飛行には高度な操縦技術と安全管理が求められるため、認定資格が必要。
レベル4目視外夜間飛行資格必要。目視外かつ夜間の飛行は最高レベルの技術と安全対策が必要で、国家資格の取得が義務付けられる。

各国政府がドローンの利用を促進するための新しい規制や法律を導入しています。

例えば、日本では2022年に「レベル4飛行」が解禁され、これまで以上に自由にドローンを飛ばせるようになりました。

このような規制の緩和が、ドローン市場の成長を後押ししています。規制の緩和により、ドローンの商業利用が増加し、物流や農業、インフラ点検など多岐にわたる分野での活用が進んでいます。これにより、ドローン市場はさらに拡大することが期待されています。

3.需要の増加

インプレス総合研究所ドローンジャーナルの資料をもとに弊社独自作成

ドローンの需要は増加しています。農業や点検、物流だけでなく、エンターテイメントや観光など多様な分野での利用が進んでいます。例えば、農業分野ではドローンを使った精密農業が進み、作物の健康状態をモニタリングしたり、農薬を精密に散布したりすることができます。物流分野では、ドローンを使った配送が試験的に導入され、効率的なラストワンマイル配送が期待されています。これにより、ドローン市場は今後も大きな成長が見込まれています。

ドローン市場の未来

ドローン市場は今後も成長を続けると予測されています。特に、以下の分野での発展が期待されています。

1.自動化ソリューション

自動で農薬散布
DJI

ドローンを使った自動化ソリューションが増加しています。例えば、農場での自動農薬散布や、倉庫での自動荷物運搬などのシステムが開発されています。これにより、作業効率が向上し、人手不足の解消にもつながります。農業では、ドローンを使った精密農薬散布が広まり、手間を大幅に削減しています。倉庫では、ドローンが荷物を自動で運搬し、作業効率が飛躍的に向上しています。これらの自動化ソリューションは、多くの業界でのドローン利用を促進し、市場の成長に寄与しています。

2.新しいサービス

ドローンを使った新しいサービスも次々と登場しています。例えば、災害時の救援物資をドローンで届けるサービスや、観光客向けのドローンツアーなどがあります。災害時には、道路が寸断された地域にもドローンが迅速に物資を届けることができます。

DJIの配達用ドローン
DJI

観光分野では、ドローンを使った空撮ツアーが人気を集めています。これにより、ドローンの利用がさらに広がることが期待されています。新しいサービスの登場は、ドローン市場の多様化と拡大を後押ししています。

3.国際展開

人が乗れるドローンもすでに中国では開発済
EHANG

日本だけでなく、世界中でドローン市場は成長しています。

特に、中国やアメリカなどの大国では、ドローン技術の開発が進んでおり、今後さらに市場が拡大するでしょう。中国は、ドローンの製造拠点として世界の70%以上の市場を占めています。

また、各国政府の支援により、商業用ドローンの利用が促進されています。例えば、アメリカでは連邦航空局(FAA)が商業用ドローンの利用を推進しており、様々な商業用途でのドローン利用が進んでいます。国際展開により、ドローン市場はますますグローバル化しています。

4.エンターテイメント分野の注目

ドローンショーの様子
ドローンジャーナル

最近では、ドローンを使ったエンターテイメントが注目されています。例えば、夜空に数百台のドローンが飛び、ライトで文字や絵を描く「ドローンショー」があります

これは、広告媒体としても利用されており、企業のブランドプロモーションやイベントの一環として採用されています。ドローンショーは、観客に驚きと感動を与えることができ、視覚的にも非常に魅力的です。また、映画や音楽フェスティバルなどでもドローンが使用され、空撮による臨場感あふれる映像が提供されています。このように、エンターテイメント分野でのドローンの利用は、今後さらに人気が高まると期待されています。

まとめ

ドローン市場は、技術の進歩や規制の緩和、需要の増加により急成長しています。農業や点検、物流、エンターテイメントなど、様々な分野でドローンが活躍しています。これからも新しい技術やサービスが登場し、市場はさらに広がっていくでしょう。

ドローン市場の未来は非常に明るく、多くのビジネスチャンスが存在しています。私たちも、この成長市場に注目し、最新情報を活用していきましょう。

出典 ドローンジャーナル-2023年度ドローンビジネス市場規模
出典 インプレス総合研究所 

無料相談受付中‼︎ OurTime株式会社の映像制作サービス

OurTime株式会社は、企業向けに映像制作サービスを提供しており、プロモーションビデオ、企業紹介動画、イベント撮影など、総合的なサポートを行っています。

・ブランド認知度を向上させたい
・魅力的なプロモーション動画を作成したい
・企業イベントの記録映像を高品質で残したい

等のご要望のある企業さんは弊社にご相談ください。

OurTimeはメディア発祥の企業であり、これまで広告制作、PV、CM制作など数多くの映像制作を行ってきました。とりわけ、ウェルネス・フィットネス関連の映像制作には非常に強くなっております。

無料相談にて貴社のご相談事についてお伺いし、サービスの詳細についてお伝えします。ぜひ下記フォームよりお申し込みいただき、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

無料相談受付中‼︎ OurTime株式会社の映像制作サービス

OurTime株式会社は、企業向けに映像制作サービスを提供しており、プロモーションビデオ、企業紹介動画、イベント撮影など、総合的なサポートを行っています。

・ブランド認知度を向上させたい
・魅力的なプロモーション動画を作成したい
・企業イベントの記録映像を高品質で残したい

等のご要望のある企業さんは弊社にご相談ください。

OurTimeはメディア発祥の企業であり、これまで広告制作、PV、CM制作など数多くの映像制作を行ってきました。とりわけ、ウェルネス・フィットネス関連の映像制作には非常に強くなっております。

無料相談にて貴社のご相談事についてお伺いし、サービスの詳細についてお伝えします。ぜひ下記フォームよりお申し込みいただき、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

OurTime代表取締役CEO/1992年生/愛知県名古屋市生まれ/立命館大学機械工学科卒業。大学在学中に立ち上げたフィットネスメディア『クールフィットネスジャパン』をきっかけに、2021年7月にOurTime株式会社を創業する。趣味は筋トレ、読書、ゴルフ、サウナ、猫もふもふ、朝のお散歩。

コメント

コメントする

目次