ドローン操縦士の年収・仕事内容・必要なスキル・将来性

ウェルネス!ウェルネス・フィットネス特化の動画/Webマーケティング会社のOurTimeです!

近年、ドローン技術の進化により、多くの分野でドローンの活用が広がり、ドローン操縦士の需要も増加しています。

本記事では、ドローン操縦士の年収や仕事内容、必要なスキルや資格、そして将来性について詳しく解説します。

目次

ドローン操縦士の年収

ドローン操縦士には主に4つの職種があります。

操縦士年収仕事内容必要なスキル必要な資格需要将来性
空撮ドローン操縦士350万円~640万円映画、広告などカメラワークなど特に無し高い安定しているが競争が激しい
測量ドローン操縦士330万円~520万円建設現場など測量技術など測量士など中程度安定しているが技術の進化に依存
農薬散布ドローン操縦士320万円~510万円農薬の散布など農業知識など特に無し高い非常に高い
インフラ点検ドローン操縦士330万円~520万円橋梁、高層建などインフラ知識など特に無し高い非常に高い

1.空撮ドローン操縦士

項目詳細
年収350万円~640万円
仕事内容映画、広告、テレビ番組、不動産プロモーションの映像撮影
必要なスキルカメラワーク、クリエイティブ視点、操縦技術
必要な資格特に無し(ただし高度な撮影技術が必要)
需要高い(映画・広告業界の成長による)
将来性安定しているが競争が激しい

空撮ドローン操縦士の年収は、350万円から640万円程度です。空撮は映画や広告、テレビ番組、不動産プロモーションなどで使用されます。クリエイティブなカメラワークと高い操縦技術が求められます。プロジェクトの規模や難易度によって収入が変わるのが特徴です。フリーランスとして活動する人も多く、自分のスキルを活かして自由に働くことができます。

2.測量ドローン操縦士

Screenshot
項目詳細
年収330万円~520万円
仕事内容建設現場や広大な土地の測量
必要なスキル測量技術、操縦技術、データ解析
必要な資格測量士、測量士補
需要中程度(建設業界の需要に依存)
将来性安定しているが技術の進化に依存

測量ドローン操縦士の年収は、330万円から520万円程度です。建設現場や広大な土地の測量に利用され、短時間で正確な測量が可能です。測量士や測量士補といった国家資格が必要であり、資格を持つことで就職の幅が広がります。建設業界や不動産業界での需要が高く、安定した収入を得ることができます。

3.農薬散布ドローン操縦士

Screenshot
項目詳細
年収320万円~510万円
仕事内容農薬や肥料の散布
必要なスキル農業知識、操縦技術
必要な資格特に無し(ただし農業の知識が役立つ)
需要高い(農業の自動化・効率化による)
将来性非常に高い(農業分野での技術革新が進む)

農薬散布ドローン操縦士の年収は、320万円から510万円程度です。農業分野での農薬や肥料の散布に利用され、人手不足や高齢化の課題を解決します。広大な農地を短時間で均一に散布できるため、効率的な農業が可能になります。農業ドローンの操縦には専門知識と技術が求められ、農業経験者には特に有利です。

4.インフラ点検ドローン操縦士

Screenshot
項目詳細
年収330万円~520万円
仕事内容橋梁、高層建築物、電柱、鉄塔の点検
必要なスキルインフラ知識、操縦技術、安全対策
必要な資格特に無し(ただしインフラ知識が役立つ)
需要高い(インフラの老朽化対策として)
将来性非常に高い(点検の効率化が進む)

インフラ点検ドローン操縦士の年収は、330万円から520万円程度です。橋梁や高層建築物、電柱、鉄塔などの点検に利用され、人が近づきにくい場所でも安全に点検が可能です。点検の精度と効率が向上するため、インフラ業界での需要が高まっています。高所作業のリスクを減らし、安全性を確保する重要な役割を果たしています。

ドローン操縦士の仕事内容

1.空撮(空撮ドローン操縦士)

空撮ドローン操縦士は、カメラを搭載したドローンを操縦し、映像や写真を撮影します。映画、テレビ番組、広告、不動産プロモーションなどで使用される映像を撮影するため、クリエイティブな視点と高度なカメラワークが求められます。映像制作のプロフェッショナルとしてのスキルが必要であり、映像編集技術も重要です。

2.測量(測量ドローン操縦士操縦士)

測量ドローン操縦士は、建設現場や広大な土地の測量を行います。ドローンを用いることで、従来の手法よりも短時間で正確なデータを取得できるため、コスト削減と効率化が図れます。測量士や測量士補の資格が必要であり、ドローンの操縦技術と測量技術の両方を習得する必要があります。精度の高いデータを提供することで、建設プロジェクトの成功に貢献します。

3.農薬散布(農薬散布ドローン操縦士)

農薬散布ドローン操縦士は、農業分野での農薬や肥料の散布を担当します。ドローンを用いることで、広大な農地を短時間で均一に散布することができ、作業効率が向上します。特に、人手不足や高齢化が進む農業分野では、ドローンの導入が急務となっています。環境に配慮した散布方法を学ぶことも重要で、持続可能な農業の実現に貢献します。

4.災害対応・インフラ点検(インフラ点検ドローン操縦士)

災害対応やインフラ点検においても、ドローンの活用が進んでいます。被災地の状況把握や救援活動のサポート、橋梁や高層建築物の点検など、ドローンを用いることで安全かつ効率的に作業を行うことができます。迅速な対応が求められるため、ドローン操縦士の技術と判断力が重要です。災害時の情報収集や救援活動の支援を通じて、多くの人々の命を守る役割を果たします。

5.物流

物流分野では、ドローンを用いた配送サービスが注目されています。人手不足や交通渋滞の解消を目指し、ドローンによる迅速な配送が期待されています。特に、離島や山間部などアクセスが難しい地域での利用が進んでおり、物流の効率化とコスト削減に貢献します。ドローン配送の安全性と信頼性を確保するための技術が求められます。

ドローン操縦士に必要なスキルと資格

ドローン操縦士に必要なスキルと資格をご紹介します。

ドローン操縦士に必要なスキル

1.操縦技術

ドローンの基本的な操作はもちろん、状況に応じた判断力やトラブル対応能力が求められます。ドローンを正確かつ安全に飛ばすためのスキルが必要であり、風や障害物に対する対応力も重要です。経験を積むことで、操縦技術は向上します。

2.安全対策の知識

ドローンの飛行には安全管理が欠かせません。航空法や飛行マニュアルに基づいた安全対策の知識が必要です。飛行エリアの確認や飛行前の点検、飛行中の監視など、徹底した安全対策が求められます。安全第一の姿勢が重要です。

3.法律や条例の知識

ドローンの飛行には様々な規制があるため、関連する法律や条例について理解しておく必要があります。飛行許可や飛行禁止区域の確認、必要な手続きを行うことが求められます。法律に違反しないように注意が必要です。

4.プログラミングや工学分野の知識

一部のドローン業務では、プログラミングや工学の知識が求められることもあります。ドローンの自動飛行やデータ収集、解析など、技術的な知識が役立ちます。特に、技術系の仕事に従事する場合には重要です。

ドローン操縦士に必要な資格

ドローンの操縦士になるには資格がいるパターンと資格が必要なパターンがあります。ご自身のなりたい操縦士の要件にあわせて資格を取得するか否か決めましょう。

ドローンには国家資格と民間資格があります。

ドローンの資格
  • ドローン国家資格
  • ドローン民間資格

ドローン国家資格

国土交通省

「一等無人航空機操縦士」や「二等無人航空機操縦士」といった国家資格は、特定の業務を行う際に必要です。資格を取得することで、飛行許可や業務の幅が広がります。資格試験に合格するためには、理論と実技の両方を学ぶ必要があります。

ドローン民間資格

JUIDA

JUIDA認定資格やDJI CAMPスペシャリストなど、民間資格を取得することで、より専門的な知識や技術を身につけることができます。資格を取得することで、信頼性が向上し、仕事の依頼が増えることがあります。継続的な学習が重要です。

ドローンの仕事の将来性

とくに以下の仕事のニーズが高くなっています。

将来性のあるドローンの仕事
  • 農業
  • インフラ
  • 物流

農業

農業分野でのドローン利用は、農薬散布や肥料散布、作物の成長管理など、多岐にわたります。ドローンを用いることで、作業効率が大幅に向上し、人手不足や高齢化の問題を解決します。スマート農業の実現に向けて、ドローン技術の活用が進んでいます。

インフラ点検

橋梁や高層建築物、電柱、鉄塔などの点検にドローンが活用されており、安全かつ効率的に点検が可能です。従来の手法では難しい箇所でも、ドローンを用いることで簡単に点検できます。インフラの老朽化対策としても重要な役割を果たします。

物流

ドローンを用いた配送サービスが注目されており、特に離島や山間部などアクセスが難しい地域での利用が期待されています。ドローン配送による迅速な物流が実現すれば、社会全体の効率化に寄与します。物流業界でのドローンの役割が拡大しています。

くわしくはこちらの記事をどうぞ!

ドローン操縦士のキャリアパス

ドローン操縦士には以下のようなキャリアパスがあります。

ドローン操縦士のキャリアパス
  • 専門分野でのキャリアアップ
  • ドローンスクール講師
  • ドローンビジネスの企業

1.専門分野でのキャリアアップ

特定の分野で経験を積み、専門知識と技術を磨くことで、より高収入の仕事に就くことができます。例えば、測量やインフラ点検、農業分野での経験を積むことで、高度なスキルが求められる仕事に就くことが可能です。専門性を高めることで、キャリアアップが図れます。

2.ドローンスクールの講師

ドローンスクールの講師として、次世代のドローン操縦士を育成することもキャリアパスの一つです。ドローンスクールは全国に展開されており、需要が高まっています。自分の知識と経験を活かして、後輩を指導することで、教育分野でのキャリアを築くことができます。

3.ドローンビジネスの起業

ドローン技術を活用したビジネスを起業することも可能です。例えば、空撮サービスや測量サービス、農薬散布サービスなど、多岐にわたるビジネスチャンスがあります。起業することで、自分のアイデアを形にし、ビジネスの成功を目指すことができます。

まとめ

ドローン操縦士の仕事は、年収や仕事内容、必要なスキルや資格、将来性といった多くの魅力があります。ドローン技術の進化により、多くの分野での活用が期待されており、ドローン操縦士の需要は今後も増加するでしょう。

ウェルネス・フィットネス特化の動画/Webマーケティング会社のOurTimeとしても、ドローン撮影の活用を通じて、より多くのクライアントに価値を提供していきます。

ドローン操縦士としてのキャリアを考えている方は、ぜひこの機会にドローン技術を学び、新たな可能性に挑戦してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

無料相談受付中‼︎ OurTime株式会社の映像制作サービス

OurTime株式会社は、企業向けに映像制作サービスを提供しており、プロモーションビデオ、企業紹介動画、イベント撮影など、総合的なサポートを行っています。

・ブランド認知度を向上させたい
・魅力的なプロモーション動画を作成したい
・企業イベントの記録映像を高品質で残したい

等のご要望のある企業さんは弊社にご相談ください。

OurTimeはメディア発祥の企業であり、これまで広告制作、PV、CM制作など数多くの映像制作を行ってきました。とりわけ、ウェルネス・フィットネス関連の映像制作には非常に強くなっております。

無料相談にて貴社のご相談事についてお伺いし、サービスの詳細についてお伝えします。ぜひ下記フォームよりお申し込みいただき、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

OurTime代表取締役CEO/1992年生/愛知県名古屋市生まれ/立命館大学機械工学科卒業。大学在学中に立ち上げたフィットネスメディア『クールフィットネスジャパン』をきっかけに、2021年7月にOurTime株式会社を創業する。趣味は筋トレ、読書、ゴルフ、サウナ、猫もふもふ、朝のお散歩。

コメント

コメントする

目次