VRで世界を観光ができる?未来の旅行について徹底解説します。

みなさんはVRデバイスを使って旅行をしたことがありますか?

実はコロナ禍においては観光分野でVRを活用した需要が急拡大しています。VRを活用する事で場所を選ばず疑似体験して楽しむことができ、ウイルス感染のリスクも防ぐことが出来るので需要が広がっています。

VRはゲーム感覚で疑似体験でき、その可能性は広く、今後も市場拡大が予想されます。

アメリカの調査会社が発行したレポートによるとVRの市場規模は年々上昇を見せており、2023年にはVRの市場規模は148億ドルとなると予想されています。

目次

これからはVRで世界を観光する時代へ

実際に旅行前の下見で活用したり、VRでの旅行に活用したりする時代がこれから広がっていくでしょう。

VR観光は観光地の魅力を発信したり、旅行欲をかき立てたり、気軽に旅行の下見ができるなど魅力が多数あります。

そのVRでの観光についてこれから紹介していきます。

VR観光は「仮想空間旅行」

VRでの観光とは家にいながら旅行気分を体験できる現実世界を再現した仮想空間になります。
さらに体験施設を利用すれば本格的に旅行気分を体験する事も出来ます。

VRの観光には専用のVR機器とVR動画を活用することによって、仮想空間内に入り込む事で現実世界のような空間が体験できる事になります。

VR技術の成長

昨今のVRを技術の進歩は目覚ましいものがあります。

VRは専用のVRゴーグルを活用することで3D体験ができ、映像に写っているものを触ったり、動かしたりでき、現実世界同様の事がVRの中でも出来るようになります。

技術的な話になりますが、VRの撮影は2台のカメラを同時に使って行われます。

人間の目は2個です。実はVR撮影も同様に2個のカメラを使って行われます。

VRレンズを装着することで一眼レフでもVR撮影が可能となる

このようなVRカメラで撮影された動画を視聴すると没入感が非常に高く、観光地の魅力を仮想空間においてそのまま体験することができます。

実はVRカメラはかつてはGoProを2台繋げて撮影したり、高価なものだったりしたのですが、レンズだけを取り替えるだけでVR動画の撮影ができるようになっているのです。すごい進歩ですよね。

新規企業が続々とVR業界に参入することで技術革新が起こり、今後の観光産業にも大きなインパクトを与えるでしょう。

VR観光の体験方法

VRゴーグルを使用することでVR専用の体験施設や動画で観光体験が出来ます。
スマホでも体験が可能ですが、360°動画とVR動画は別物ですから、ぜひVR動画は動画を購入してお楽しみいただきたいです。

↓おすすめのVRをゴーグル

PCとの接続になるとHDMI端子やUSBケーブルを接続するので本格的に体験できます。
またVR動画配信のプラットフォームもあり自身で作成したVR動画を投稿することも出来きます。

VR観光の魅力とは?

コロナ禍においてVR観光の活用需要は急激に増加しており、企業も積極的にVR観光を取り入れています。VR観光の魅力について解説していきます。

観光地を最大限発信できる

VRは画像や通常見ている2D映像よりもリアルに現地の雰囲気などを提供することが出来ます。

VRによって旅先の情報を網羅できるので、旅行者に現地の魅力をそのまま発信ができるのです。

現地の魅力を提供できれば集客にも繋げる事が出来ます。

自宅にいながら旅行気分が味わえる

VRの機器とデバイスがあれば旅行が困難な方や休暇などが取れない方でもどこでも旅行を体験することができます。

現地に行かなくても一緒に居る方とVRを体験する事で、旅行した気分を味わえる事が出来るのです。

旅行費用を抑えられる

VR観光の最大のメリットはやはり体験者の交通費や宿泊費、食事代などのお金がかからないので気軽に体験できるので提供しやすい点にあります。
(もちろん現地への直接旅行には叶いませんが疑似体験できるのは大きなメリットです)

VRヘッドセットの機器を購入し、VR動画を視聴して頂くだけで旅行の体験が味わって頂けます。

海外や費用が掛かる場所は遠慮しがちですが、VRだと気軽にしかもすぐに体験出来るので利用者にとっては大きな魅力です。

低価格で旅行気分が味わえる点はVRでの観光の最大のメリットになります。

 VR機器関連の成長

VRゴーグルやヘッドセット

VR専用のゴーグルやヘッドセットの市場規模は年々成長しています。

引用:IDC

ヘッドセットはPCなどと接続し、ゴーグルタイプはスマホと接続して仮想現実な世界が体験出来ます。(やはりヘッドセット型がおすすめですが)

360°の視界にリアルな映像が映し出され、臨場感のある現実さながらの音声が楽しめます。
またVRゴーグルに付属しているコントローラーを使って映像内にある物に触れたりする事も出来ます。

仮想空間に期待する企業はVR機器に対して投資をし、ライバル企業と競い合っているため今後ますますVRの新製品に期待出来ます。

アプリやVR動画プラットフォーム(Youtube VRなど)

VR動画の普及によりスマホやPCから気軽にVR視聴することが出来ます。

近年ではVR市場が活発で様々なVR動画視聴できる環境が整ってきています。
また視聴する側は費用をVR動画に費用をあまりかけずにスマホとVRゴーグルがあればすぐにVRを体験できる所が魅力です。

Youtubeにおいては年齢問わず無料で視聴できるのでVR動画を体験しやすいです。

まとめ

今後もVR観光コンテンツや技術はより進歩を見せるでしょう。

VRコンテンツを視聴するだけではなく実際に現地の雰囲気を感じながら、買い物をする未来もおそらくそう遠くないでしょう。

OurTimeではVRコンテンツも作成しておりますのでお気軽にお問い合わせていただけますと幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

OurTime代表取締役CEO/1992年生/愛知県名古屋市生まれ/立命館大学機械工学科卒業。大学在学中に立ち上げたフィットネスメディア『クールフィットネスジャパン』をきっかけに、2021年7月にOurTime株式会社を創業する。趣味は筋トレ、読書、ゴルフ、サウナ、猫もふもふ、朝のお散歩。

コメント

コメントする

目次