業務委託とは?フリーランスが業務委託で働く際の注意点を解説!

業務委託とフリーランスという言葉は、現代の多様な働き方を象徴するものです。

この記事では、これらの働き方の基本から、それぞれのメリット・デメリット、契約の注意点までを解説します。

目次

フリーランスの働き方|業務委託とは?3種類あります

業務委託とは、企業や個人が特定の業務を外部の専門家や他の企業に任せる契約形態のことです。

これにより、自社のリソースを効率的に活用し、専門知識や技術を持つ外部の力を借りることができます。

例えば、ウェブサイト制作を外部のウェブデザイナーに依頼するケースがあります。

業務委託のメリットには、専門知識の活用やコスト削減があります。一方で、業務委託のデメリットとしては、外部の委託先が自社の状況を完全に理解できないことや、コミュニケーションの問題、品質や納期に関するトラブルが挙げられます。

そのため、信頼できる委託先を選び、契約内容を明確にすることが重要です。

委任契約

委任契約とは、ある人(委任者)が他の人(受任者)に対して特定の業務を依頼し、その業務を受任者が遂行することを約束する契約です。

例えば、法律事務や会計業務、コンサルティングなどが典型的な例です。委任契約は、受任者が業務を遂行するにあたっての報酬や条件を明確にするために作成されます。

契約内容や範囲は、双方の合意によって決定されます。法律上は民法に基づいて規定されており、契約の履行には誠実さと信頼が求められます。

準委任契約

委任契約とは、特定の事務処理を他の人に依頼し、受けた人がそれを引き受ける契約です。

特定の業務を行うことを定めた契約のことです。請負契約と異なるのは、その業務の遂行自体が目的となり、結果や成果物の完成については責任を求められないことです。

例えば、YouTubeコンサルタントにチャンネル運営のアドバイスを依頼する場合が該当します。

YouTubeコンサルタントに依頼する内容は、チャンネルの改善点の指摘や、効果的なコンテンツ戦略の提案などが含まれますが、これらは必ずしも即座に具体的な結果が出るわけではありません。

例えば、コンサルタントのアドバイスに従って動画を作成しても、すぐに視聴回数や登録者数が増えるとは限りません。同様に、コンサルタントの指導のもとで努力しても、結果がなかなか出ないこともあります。

このように、必ずしも結果が出るとは限らない仕事や、具体的な成果物を出すのが難しい仕事を依頼する際の業務委託契約の類型を準委任契約と呼びます。

YouTubeコンサルタントの例では、依頼者がチャンネル運営の成功を期待しているものの、その結果がすぐに見えるものではなく、長期的な改善を目指すためのアドバイスを受けることが主な目的です。

フリーランスの種類について

フリーランスとは、特定の企業や組織に属さず、自分のスキルを活かして独立して働く人のことを指します。

フリーランスは、主に業務委託契約を結び、クライアントから依頼された仕事を遂行します。フリーランスの働き方には、常駐型フリーランスとリモート型フリーランスの2つの主要なスタイルがあります。

常駐型フリーランス

クライアントのオフィスに通勤し、決められた時間働くスタイルです。例えば、週5日、朝9時から夕方6時まで働くことが多く、働き方は会社員に似ています。

このスタイルでは、プロジェクトチームの一員として直接コミュニケーションを取ることができ、業務の進行がスムーズになるメリットがあります。

しかし、通勤時間や勤務場所の制約があるため、自由度はやや低くなります。

リモート型フリーランス

自宅やコワーキングスペースなど、自由な場所で働きます。勤務時間も比較的自由で、クライアントが設定した納期を守れば、いつ働いても良い場合が多いです。

このスタイルでは、自分のライフスタイルに合わせて働くことができるため、高い自由度が魅力です。

しかし、自己管理能力が求められ、コミュニケーションがオンラインに限定されることから、情報共有の工夫が必要です。

業務委託とフリーランスの関係

業務委託は契約形態、フリーランスは人材のことです。

契約の違い

業務委託は、企業と個人(フリーランスを含む)との間で結ばれる契約です。

業務委託契約では、企業が特定の業務を外部の専門家に依頼し、その専門家が業務を遂行することを約束します。

例えば、企業がウェブサイトのデザインを外部のデザイナーに依頼する場合、このデザイナーとの契約が業務委託契約です。

一方、フリーランスは企業に属さず、独立して働く人のことを指します。フリーランスは、自分のスキルや専門知識を活かして、

複数のクライアントと仕事を行います。フリーランスが仕事を受ける際には、多くの場合、業務委託契約を結びますが、フリーランスという働き方そのものは、特定の契約形態ではなく、独立した働き方を意味します。

仕事の管理

企業は、自社の従業員に対して指揮命令権を持っています。従業員は企業の規則に従い、企業が定めた時間と場所で働きます。

例えば、9時から18時までオフィスで働くなど、具体的な勤務時間や勤務場所が決められています。

一方、業務委託契約のフリーランスに対して、企業は指揮命令権を持っていません。

フリーランスは自分で仕事の進め方や働く場所、時間を決めます。

例えば、リモートで働きながら、クライアントからの指示に基づいてプロジェクトを進めることができます。

クライアントは仕事の納期や品質に対する要求を伝えるだけで、フリーランスがどのように仕事を進めるかはフリーランス自身の裁量に任されます。

このように、業務委託とフリーランスの違いは主に契約形態と仕事の管理方法にあります。

業務委託契約は特定の業務を外部に依頼する契約であり、フリーランスは独立した働き方を指します。

業務委託契約を結んだフリーランスは、クライアントの要求に応じて働きますが、その仕事の進め方や働く時間・場所は自由に決めることができます。

これに対して、従業員は企業の指示に従い、定められた時間と場所で働く必要があります。

フリーランスが業務委託で働く際の注意点

フリーランスとして業務委託契約を結ぶ際には、以下の点に注意が必要です。

偽装請負のリスク

フリーランスとして業務を請け負う場合、実質的に雇用契約と同様の関係になってしまうと「偽装請負」とみなされるリスクがあります。

これは法律違反となり、企業側に罰則が科される可能性があります。

例えば、クライアントから業務の進め方や勤務時間について詳細な指示を受ける場合、偽装請負と見なされる可能性が高くなります。

これを避けるために、業務の進行や管理をフリーランス自身が独立して行えるようにしましょう。

契約の詳細確認

契約書には、業務の内容や報酬の支払い方法、納品期限などを明確に記載する必要があります。これにより、トラブルを未然に防ぐことができます。特に以下の点を確認しましょう

  • 業務範囲:具体的な業務内容を明確に記載し、範囲外の業務を請け負わないようにします。
  • 報酬:報酬の金額、支払い方法、支払い期日を具体的に記載します。
  • 納品期限:納品物の納期を具体的に定め、遅延が発生した場合の対処法も記載します。

報酬の設定

業務委託契約には「毎月定額型」「成果報酬型」「単発業務型」などの報酬設定があります。それぞれの特徴を理解し、自分の仕事に合った報酬形態を選びましょう。

  • 毎月定額型:一定の月額報酬を得られるため、安定収入が期待できます。
  • 成果報酬型:成果に応じて報酬が支払われるため、成果が上がれば高収入が期待できますが、成果が出ない場合は報酬が少なくなるリスクがあります。
  • 単発業務型:一回ごとの業務に対して報酬が支払われるため、短期的なプロジェクトに適しています。

経費の請求

業務を遂行するために必要な経費(交通費や材料費など)についても契約書に明記しましょう。これにより、後で請求が発生した際にスムーズに対応できます。

例えば、経費の範囲や上限額、支払い方法について明確にしておくと良いでしょう。

契約の解除

途中で契約を解除する場合の条件も明確にしておくことが重要です。これにより、契約解除時に双方が納得できる形で進めることができます。

具体的には、契約解除の理由や手続き、違約金の有無などを契約書に記載します。

これらの注意点を踏まえて業務委託契約を結ぶことで、フリーランスとして安心して業務を遂行することができます。

まとめ

業務委託とフリーランスは、現代の働き方において非常に重要な概念です。それぞれの特徴を理解し、適切に活用することで、企業と個人の双方にとって大きなメリットがあります。ただし、契約内容をしっかりと確認し、法律に違反しないよう注意することが大切です。フリーランスとして独立して働くことを考えている方は、自分のスキルを活かしながら、自由で充実した働き方を目指しましょう。

業務委託やフリーランスの働き方に関する詳しい情報やサポートが必要な場合は、OurTimeにご相談ください。私たちはウェルネス・フィットネス特化の動画/Webマーケティング会社として、皆さんの成長をサポートします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【毎月10名限定】OurTimeと働きたいフリーランス募集中

OurTime株式会社は、案件を一緒に遂行していただけるフリーランスを募集しています。

撮影以外は基本リモートで、業務委託案件が中心です。

  • フリーランスとしてゴリゴリ稼ぎたい方
  • リモートで働きたい方
  • フリーランスがちょいとさみしい方

私たちと一緒にプロジェクトに取り組みませんか?OurTime株式会社では、あなたのスキルを活かし、共に成長する仲間を募集しています。

この記事を書いた人

OurTime代表取締役CEO/1992年生/愛知県名古屋市生まれ/立命館大学機械工学科卒業。大学在学中に立ち上げたフィットネスメディア『クールフィットネスジャパン』をきっかけに、2021年7月にOurTime株式会社を創業する。趣味は筋トレ、読書、ゴルフ、サウナ、猫もふもふ、朝のお散歩。

コメント

コメントする

目次